SNS 裏アカ

その目は潤んで、どこか申し訳なさそうに見えました。次はAの服をNが脱がす。いや判るよ。「ちょ、ちょっと…外、外。程なくお行きになられます。。割れ目の上から指を這わせ、熱く、湿っている花びらの奥に指を伸ばしゆっくり動かし続ける。その夜、家に帰ったとき、女房が珍しく、今夜は子どもたちとお寿司食べに行こうと言った。乳首があらわになると、激しく吸って来たり、彼の激しさに鏡がくもりそうでした。何度か。ビックリして上半身を俺に預けて無言で伏せる愛香ちゃん。私は今まで他の人とこういうことをしたことはありません。これからがメインディッシュだよ。ほら、おいでおいで」「ユカちゃん、こんなに酒癖悪かったのか?キス魔かよ」「そうじゃないよー。そしてもう一度私の好きなように腰を動かしているとまた・・・・そのあと彼は私の上へ・・彼に「まだいかないの?」と聞くと『そろそろいきそうだョ・・どこに出そうか・・』「口の中に出して・・」彼はストロークを早めながら『イクょ・・』彼は私から離れると小さく開けていた私の口の中に射精。彼、真っ赤になって否定したんだけど、どう見ても股間が少し膨れてる感じ・・・。このときのことを思い出して。。部長は、私からショーツを抜き去りました。時田は「福田からいろいろ聞きだすの大変だったんスよ~」とか言っていた。火神大我に対して甘いです。そんな俺のチラ見に気が付いたユカリは「何見てるんですかぁ~」と笑ってた。敏感な女子社員たちの目をそらすにはこれ位の時間差が必要・・。門が開いた。「あれれ?」「2人で目がさめちゃって後の2人が起きないようにおしゃべりでもしてるのかな?」なんて平和な予想をたてる前に「だめだってば」とまた彼女のか細い声が。途中、ハイヒールが脱げてしまって片足をヒョイと上げた瞬間、豊満な太腿のミニスカートの切れ目から白いパンティがチラッと見えました。私は部屋のボタンを押し部屋に向かうエレベーターを待ってました。