ID掲示板テレホンSEX

(なにこの人…意味わかんない…)私とA君は手をつないでその誰も使ってない教室に歩いて行きました。ソファに腰を下ろしビールを飲んだところでようやく少し落ち着いてきた。でも彼はそれを聞いてますます燃えてくれたみたい。』「でも・・・」『さっき、何でも言うこと聞くから~と言っていたわよね!』「…」あけみさんは私のおまんこからバイブを抜き取り、人差し指でヌルヌルを掬い取っては、アナルに塗りつけ、入り口をマッサージします。「あ、今いく~」私は急いで返事をして、洗面所のドアをA君が見えないように必要最小限だけ開けて出て、A君を洗面所に残し、奥の冷蔵庫の上からグラスを4個持って部屋を出た。
表現がソフトだよ(性器結合描写バーン!ではなく)って意味か、エロシーンが大量にある訳じゃないよっていう意味のどっちかな事が多いかな~
がんばりまっしょい!私もいまから、雷ちゃんのエロ漫画かく!!(18禁サークル設定にしてますよ!という囁き)
ベーシストってだけでやっぱりどうしてもエロい。」『ってんめぇ―!××子―!そんなこと聞いてねえぞー!』「あっ、でもさっき、今日のことは二人だけの想い出にしようって言ったじゃん。「入りなよ」そんなに広くはない浴槽だけど、体育座りして場所を譲ってくれる。腹部には妊娠線も出てなく綺麗で、授乳期には一旦色が濃くなったと彼女自身が言った乳首の色も昔のままで、指で拡げて見たお○ンコも、子供生んだにしては昔と変わらずピンク色だったのにはなんか嬉しかったです。就職してからは田舎に帰省するのは数年に一度になった。大体毎日ほぼ決まった時間に入浴する俺は、その日もほぼ同じ時間に入浴していた時だった。神秘的な雰囲気と「和」の装いが似合う“姫咲しゅり”ちゃんがまさにハマり役の巫女モノに挑戦します。
セックスしたいと思う人と付き合えっていうのは言葉が足りない。私「あっ…ヤダ……」そういいながら、(あくまでも「やめてください!」的な態度で)私は男の人のおチンチンを握りました。