逆援助電話番号

それから、俺がちょっとE子を持ち上げて、M美がフックをはずしてブラを取りました。そんな妻に彼も美希ちゃんのお母さんと言って求め続けてるんです。これがいいのか、こうかっ!」俺は腰を前後させながら、姉の様子を伺う。家の店は、ギャル系のショップをやっていて男は俺一人で、あとは常時2人のバイトと正社員がローテで入っています。marshmallowLove=臆病な恋、だろうかね。私は車での長い移動と、気疲れですっかり寝入っていたのですが、夜中にキスをされている感覚で目が覚めました。その日の斉藤さんは、いつものスーツ姿ではなく、やや丈の短いスカートに胸元ゆるめの春セーターを着ており、「私服、意外とエロくて良いな‥」と勝手にテンションが上がっている自分がいました。僕はK子に「大丈夫?」って聞いたが、返事がなく大きく呼吸を続けるだけだった。柔らかくありながらちょっとした固さもありつつ沈み込む指先。ゴムをもう少し強くつまみ上げ、右手をそっと差し込みました。あけみさんは私の膝を立て、脚を大きく割り、そこにもぐりり込んで、私のおまんこを大きく下から上へ、上から下へピチャピチャと音をたてながら舐めはじめました。高校までは実家にいたものの、大学に入ってはじめて親元を離れました。キスしながら乳首つままれただけでイッたこともあった。愛液と精液でヌルヌルになったまんこを指でゆっくりと弄り続けます。突然、もう自分は処女を喪ったのだと実感し、猛烈な後悔が沸き上がりました。「イク…あー…イキそう…」もう射精を止められる状態ではなかったのですが、甘えた声で、「イッてもいい?」と聞くと、「うん…出して…」とエッチな声で言われ、「あー…イクっ!」と上村さんの爆乳に挟まれたまま、ドピュッ、ドピュッと発射しました。イッたあとも指を抜かないで、やらしい目でアソコを見ながら、中のヒクヒクを確かめるみたいにして、イッたばっかりでぐったりしてる私に、「大丈夫?…すぐ入れてもいい?」って震えたやらしい声で言ってきて、おちんちんをアソコに擦りつけてきました。