豊満熟女セックス

「ひゃ、ダメ、こういうのはダメ、エッチはだめぇ」Tは私の乳首を吸いながら手を下に伸ばし、スカートの下に潜り込ませると一番敏感な部分を下着の上から刺激してきました。熱い…気が付くと彼女も真っ赤。おそらくペースが速すぎてやばいと思ったのだと思う。さおたん遠慮しなくていいのに。複数人で入れるというラブホテルで6人でクリスマスパーティをやろうということになり、ケーキやウィスキーなど色々なものを持ち込み、パーティをやりました。部屋の片付け済まし早めにホテルを出た。それに変わりはありません。その日の夕方に寛子は両親に離婚を報告しに行き俺は一緒について行った。お互いの足を開いて、V字にはめ込むように…と言ったら伝わるでしょうか、アソコとアソコをぐちゃぐちゃにすり合わせて、私のと彼女のがビショビショに混ざり合って部屋中にピチャピチャとやらしい音が響き渡って、彼女のぷっくりとした恥骨の固さや皮膚や、粘液を自分のアソコで感じて、私は羞恥心を忘れるくらい熱くなって乱れてしまいました。こんなことお願いするのはおかしいけれど手でいいから、これだけしずめてくれないかな」と小声で申し訳なさそうに言われましたかなりびっくりして動揺してどうしていいかわからなかったけれど正直義弟のそれはかなり大きくてどきどきしてました「じゃ、じゃあ手だけなら内緒だからね」と主人に申し訳なくおもいつつも、手でさわりました。左手で胸をまさぐる。Sの白いお尻を両側から両手でがっしりとつかんで自分の股間にSの腰ごとバンッバンッバンッと勢いよく叩きつけてる感じだ。男は優しく妻の薄茶色の乳首を舐め始めました。俺はMの全裸を見て一瞬固まったが、すぐに目をそらしてバスルームに入った。俺は実家から通っていたけど、大学からちょっと遠かったから大学近くに部屋を借りて、そこに彼女を連れ込んだ。かと思うと、最初の白い透け透けボディースーツは熟れかけた甘酸っぱい匂いがするよう。