熟女のセックス倶楽部

K:「あはははっ!いいねそれ」いつものノリで言いました。何度か写真撮影をするうちに親しくなった。彼女は予想外の気持ちよさにどうしていいか分からないようです。(電話番もまかされてた)真鍋「あのぉ、B子(さすがに名前忘れた)といいますけど、エロ教授いますか?」おいら「あ、今日は学校来てないんですよ。[sage]2012/05/29(火)14:45:38.38ID:MGSfGjZz0ただ姉ちゃんだからこそ、そんな関係を続けられたのは確か。シーズンオフ気味で空いてた小さなリゾートホテルでした。?少し前だが去年の4月に新入社員が入ってきた。ワキはすぐ生えてくる。俺は唇から首筋へと愛撫を続けながら、ブラウスを脱がした。だけれど俺は期待に胸が張り裂けそうな感じでドキドキ感が止まらない。後ののけぞってしまいそうになりながらおおよその見当はつきましたが、こんな体験は初めてなので、迷いましたし、これから待ち合わせもあります。囁くともうガクッとうなだれて正座のまま泣きだした話を聞くと競馬と競艇に狂った旦那と別れたらしい。そのまま俺は帰され、タクシーでなぜか帰宅しました。「私で良ければOKだよ?」すごくドキッとして、心臓がバクバクに。かまわず舌全体を使って舐める。綺麗な足に欲情してブス子にもたれ掛かりながら、「綺麗だよ、好きだ」押し倒しながら言うと「ダメ、ダメですよ、そんなつもりじゃ」そんな言葉も無視して、「いいじゃん、ずっと好きだったんだよ」心にも無かったけど、とりあえずできるなら何でもいいやと思い言えるだけのセリフを並べまくってると、抵抗する力が抜け、両手で顔を塞いでた。酒とタバコと女臭さが混じった匂い。二十歳で結婚し子供が一人いて手がかからなくなってきたこと。しっかりものっぽいのに運動音痴とか機械弱いとかさー。少し馴染んでくるのか、苦しいけど気持ち良い、良すぎる奥に圧迫感が強烈に押し寄せイキそうになるよく締まるな、うー気持ち良いと課長中で硬く太すぎるアレが暴れまくる、奥まで届く、動きが激しくなり、耳元でイク時は教えろと課長、又、たまらなくなってきた、「イキそう」「あーおかしくなる」「イクーヒーイクーイー」課長は全部いれていいか?「まだ全部じゃないの?」7割くらいかな?「無理です、もう奥まで当たっちゃてる」大丈夫、そのまた奥が気持ち良いんだよ。