熟女がセックスしたい心理

いよいよイキそうだ。時計を見ました。
夏のセックスの時汗がめっちゃ垂れて気まずくなる。そんな中、家主が「いいのがあった!」と戻ってきた。Nさんはもう完全に放心状態で俺に身を委ねている。女の子は暫く、学校には来なかった。これを繰り返していると潮の香りがして、女性によっては真っ白な精液の様な愛液が垂れてきます。まだ頭がグラグラするという千鶴にコーヒーを入れてやり、まったりしながら寝ないようにして朝を迎えた。もう心臓がバコバコいっていた。妹との関係は一回きりだったが、今でもたまにそのときのビデオを見て、抜いたりしている。家に帰ってシャワーを浴びてテレビを見てました。愛からの眠りのよさに乾杯。そして、先ほどまでくわえさせられていた私のパンツで、男たちは自分のアソコを拭き、そのパンツを私にはかせました。でも、何故かあのときは、移動するのが自然な流れだったんです。そして、なつきの下に指先を挿入すると、なつきは今までで一番大きな喘ぎ声をあげた。お祝いということで、悠子に食事をごちそう(つったって3000円くらいのものだし)したんだけど、それが火をつけちゃったみたいだ。「アタシをさ、グラビアアイドルみたいに撮ってよー!」「ゆきねえを?!グラビアぁ??!?」ふざけてボクは叫んだけど、ゆきねえならそこにいるだけで充分グラビアアイドルで通用すると思う。彼女は20代半ばで155cmくらいのややぽっちゃり、大人しくて自分から男に跨ってくるような積極的なタイプではないので、前戯の流れで自然にそうなったように見せかけようと思い、ベッドに座った俺の前に彼女を立たせ、胸を吸いながら抱き寄せてそのまま後ろ向きにベッドに倒れこんだ。やはり下も貝の様に足を閉じていたので無理矢理こじ開けた。2、3度、突いても入らなかったので、彼女が僕のペニスを持って、導き、「ここよ!入れて・・・」と言うので、腰をぐいっと突き出すと、ヌルッとした感触が伝わって来たと思うと、なにか暖かい柔らかいものに包まれた感覚がペニスに伝わり、そのまま、奥まで、入った感じだった。