年上女性 マンガ

彩子「入れて、それ欲しい・・・」俺を抱える両手に力が入った。私は彼にしがみついて、痛いのを堪えました。「あそこに何かしたでしょう?」「なんか、入っているようなんだけど・・・。そして、乳房にじかに触った。雰囲気とか、あったよね。なります、Aさんに抱かれます、女になります、ああ~っ」俺「いくよ、いくよ、なほこちゃん、ご・め・ん・ね~っ」なほこ「あああああああああああああーっ」俺はたっぷりとなほこの顔に、精液をぶちまけました。アポなしで彼女がいるときに、来てしまって鉢合わせてしまったら、目も当てられない状況になるだろう。ひろみ:「へへへ。バスルームから出て大満足でベッドに倒れ込んだ二人、裸なもんで、ついつい“せっかく逢ったんだから出来るだけイッパイ気持ちいいことを!”ということになり、4回目は肩まで彼女の足を上げさせて深ーく中出ししてあげました。私の厚い花びらが彼のものを咥えこみ彼の表面を滑ります。私は異様に感じ、学校ということも忘れ、声をあげていました。でも、飲んだときの○○さんって好きですよ~。「きれいだよ」恥ずかしいけど、やっぱり言われると嬉しい言葉。中出ししてもいいのは風呂場でわかっていました。ここで初めてエッチしだして会話した。俺も大分余裕がなくなってきたんで、ピストンを早め、肛門側の膣壁をこすりあげるようにして子宮口をコリコリ刺激しながら、「あっ、Eちゃん気持ちいい、とける、とける」と声に出した。私の下のお口、彼のモノをくわえて絶対離さないって感じで、吸いついているのがわかる。あなたも一度触って見るといいわ。密着している田中さんに聞こえそうなぐらい動悸が激しくなり、恥ずかしさで顔も身体も熱くなってきました。…がどこに入れていいかわからなかった。全て出し終わると「おっ!もう出ないか?よーし…」そう言うと一旦離れて私の股間へ顔を近づけてペロペロっとオシッコを出した後を綺麗にしてくれました。