子供と同い年のセフレ

飲み始めて1時間半ほど経った頃、先輩の携帯に電話がかかってきたため、先輩が「ちょっと失礼」と言って席を立ち、戻って来ると、「すみません、急用ができてしまって…」と私に言った後、「大事なお客さんなので、この後、頼むよ」と彼女=M美に言い、再度、私に「本当に申し訳ありません、今日はこのM美がとことんお付き合いさせていただきますから」と言った後、彼女に「悪いね、少々高くついてもいいから、Sさん(私)をどこかいいところにご案内してさしあげて、あ、そうだあの店なんかいいかも」と言い、慌ただしく店を出て行きました。「い、イクぅ・・・」「このメス豚め、これでも食らえ!」部長は子宮口を押し開くように一際奥に突き刺すと、私の中に再び大量のスペルマを放出しました。「ほら、形がわかるでしょ?」「うん。「もう…逝くぞ」「何処に出してほしい?」バックから激しく突かれながら顔に出してほしい、と答えた。。婚約者の家に泊まるときは、寝る前に一回、朝方一回、しないと、寝れません。」俺は可哀相だとは思いながらも、自分にまで飛び火してきて、内心少しめんどくさくなってきたのでこう言った。来ちゃったよ。「だっだめっいけないわ」「奥さんが素敵なんで息子が勝手に・・・」旦那の浮気のこともあり「仕方ないわね分かったわ」良平のズボンを剥ぎ取ると怖いほど反り返った硬い男根が目に入った。こんな素晴らしい身体に名器の持ち主は、そう簡単に手放したくないですよね。「ごめんね、私の口、タバコ臭いでしょ…。俺「大丈夫、俺は結婚してるから、病気うつされると困るし、入れないよ」姫が弱気なら一気に入れようかとも思ったが、きっと店からも本番は禁止だときつく言われているのだろう。キャバクラ・風俗・ウソのゴルフ接待などなど。姉をじらすつもりが自分自身が耐え切れなくなってしまい、パンツの上から陰部に顔をうずめた。Mの秘肉もまるで精子を最後の一滴まで搾り出すように何度も何度も収縮し、私のちんぽもまるで溶けてしまったように痺れています。