妻の援助交際

。指導案が出来上がらず帰りが遅くなった日偶然部活帰りのHくんと同じ電車になった。会うまでで一番緊張する時間だなwすると、スーッと近づいてきた車が斜め向かいに止まる。あと3cmは欲しい。あの雰囲気はゲーセンじゃねーよな。ふと僕は(そういや2ちゃんで女性のアソコは臭いとか書いてあったな)と変な事を思い出したが(ええい!覚悟を決めた)と先生のアソコに顔を近づけた。俺はマナとしているのか、カナとしているのか錯覚に陥るほど、興奮した。しかし基本チキンな俺は、友達と一線を越えることの意味もひしと感じていましたし、仕事も杏菜の授業も省みずホテルに行ってしまえ!というだけのことをしていいものかと考え、「帰ろっか」って言いました。いい体してんな。ビールやウィスキーの空き瓶が散乱する中で。と思う。父の実家には、叔父夫婦と従兄弟が3人、そして1人の女子○生が居た。もしコンドームが破けてしまえばと考えると身震いするくらい気持ちが高ぶります。ブラジャーとパンティーは、僕のポケットにしまって、彼女をかかえながら、彼女のアパートへと向かいました。僕はすでにこの時点で、レナより圧倒的に上手いユキさんのフェラの虜になっていたと思います…。また、結婚して以来主人以外の男性とも初めてなんです。今も部署は違うものの、夫と同じ会社で働いています。先生が結婚するって知って、それでもまだ好きだった。」「女として見ちゃマズいだろ。だからって言ったら変なんだけど、カラオケボックスで・・・。主人は8歳年上ですが、優しく普通の夫婦だと思います。ちなみにエスカルゴが好きです。見物でもするか。このまま行ったらフリーズ祭りになってしまう。彼の車は二人乗りのオープンカーで一度乗ってみたかったこともあり「ドライブしたい。俺は、呆然として何も言えない。ひろみ:「ぁぁぁぁっ!イイ!出してっ!チ○ポ!中で出してェェェ!」仁の尻が見えない位の速さで上下した後、グッサリと挿しこまれたまま尻が硬直し、小刻みに震えています。