妻がオフ会で浮気

本当なら自分の気持ち良さを優先して動いてもいいのにね。ここと思われる部分でちょっと力を込めて先端を進めてみた。「おー!潮じゃね?」と歓声があがる。私はまだ現実が受け入れられないのと、嬉しいのと、興奮で、頭の中が大混乱でした!でも何故か、全部タイガ君に合わせて会話して、タイガ君の勢いでキスされただけなのに、自分が高い壁を乗り越えてしまったような感覚になってしまいました!私は本当はこういう悪っぽい世界があってるのかも?なんて勘違いをしていました。指でイカされたようでした。とりあえず他愛のない話をしながら何となくオレと亜希がベッドに乗り、オレが亜希を後ろから抱える格好で、胸を触りながらキスをはじめた。おそらく夜の営みがあまりないのだろう。どうしよう」半べそをかきながらも、腰の動きはやみません。俺は必死に我慢しながらゆっくり奥に入れた。きっちり。今までは彼氏が居て幸せそうだったから黙ってただけ。突くたびに彼女の口元から寝言のような小さなうめき声がもれてくる。ブラック気味な会社で、丸一日成果がないと上司からキャンキャン言われるから、事前に電話である程度は成果の目途をつけておく。一人でした時の気持ち良さと終わったあとにぎゅってしてくれるようなものが組み合わさるといいな~ってそれ普通にセックスか。敦は夜勤明けだった。「お~、けっこうでかいやん!彼のよりでかいんちゃう!?」と姉貴はぼくのチンコをはじいて、「なんか、そんなおっきいの見たら、したくなるやん~」というので「姉ちゃんかって胸でかいやん」というと「そやろ。私は抵抗しませんでしたが、全身にぐっと力を入れていました。この時、時間はすでに3時。笑顔も好印象でこれなら妻も不安は無いだろうと、私は一安心と同時に少し複雑な気分です。
そこいらのエロ同人の女の子より余裕でアヘ顔晒してるね。彼女も負けじと、俺のモノに激しく吸い付き、一生懸命にフェラをしている。