女子大生せフレさがし

おしっこを漏らしたような匂いがしました。。女子校で、生徒のパンチラを見てもどうも思わない枯れた30のF先生。理恵は行動も感情も感じ方も複雑で、源泉となる核心が読めない。廃人から、少し人間らしさが戻った俺は、必死にそう祈った。。俺はゆっくり、ゆっくり(数回往復させながら少しずつ)深く強く奥まで突き入れた。迫りくるファシズムの足音に対する民衆の風俗的対抗、という側面もあるな。それでも、俺はピストンを止めない。恥ずかしがる仕草は可愛いのに、大声で絶頂!いつもより感じちゃったんだねw「大声でイク姿なんて見られたくなかった…恥ずかしい…」なんて後から言ってたけど、実は興奮していたハズ。大きさもそれなりに自信がある。泣き叫び抵抗しましたが、男二人に抗えるはずもなく、二人が起たなくなるまで代わる代わるに犯され、中出しし続けられました。先輩は自分が中出しした私のアソコでも、普通に舐めまわし…自分のモノが回復すると、中に入れ…そのまま中出しを繰り返しました。ヒロくんが私の頭を強く引き寄せ激しくキスをしてきました。あまりにも感度が良いため、「全身、丁寧に舐めてあげよう」と決意。義理とはいっても姉と弟なんだし。俺とかでも怖かったんだから津加紗ちゃんはマジで怖かったと思う。」ヘタレな俺はそう言って俺は部屋を飛び出し、自分のアパートへ帰った。生々しくて。最初はちょっと嫌がるそぶりの奥さんだったが突きはじめると、気持ちいい~っていってしまった。」「いいわよ、中で。で、家に寄るなり、再び飲みなおし。ちなみに身長164、B88、W60、H92とプロポーションには自信がありましたが、プライドが高いせいか男性経験もほとんどなく、初体験も20歳の時で、相手は大学の先輩で私から好きになり結ばれました。場所はB君の家。おずおずと、部屋に入り、「あら、24回の最上階で、ベランダもついてるし、システムキッチンも、豪華ね。