主婦の浮気現場

一度でいいから人妻さんとノーパンデートしたかった」普通に考えて初めて会った人にノーパンにされて、そんなことを言われると怒るのが当たり前ですが、何故か圭太君に関しては、そんなに怒る気持ちになっていませんでした。「明日帰ったら、もう一度話したいので、二人で打ち上げはバックレましょう」との事。彼の熱い息を感じていると、パンティの脇から彼の舌が入ってきて、私の花びらに滑り込んできました。その他、ちょっと言えないことも含めて人生における性的冒険は殆どあの時にした。「そうですね、奥さん、お風呂でもう1発しましょうか……」「やだー、「奥さん」ってやめてくださぃい……」「いや、「奥さん」だからエロいんじゃん……」由美の方が先に立ち上がってゆっくりバスルームに歩きはじめた。ホテルを出て車で待ち合わせた場所まで送って行き、また愛し合う事を約束し最後に激しくキスをして別れた。手の隙間から血がでているので、鼻血がでたようです。近いうちに確実に退院できる俺を空いた個室に入れたいらしい。そんな俺にも大学1年の終わり頃に高校時代の後輩で俺と同じ大学に合格した彼女ができた。中には出さないで」Sさんは慌てて足と腕をほどこうとしましたが、そのまま中に出してしまいました。「こんなになってたら汚れちゃうよ」と言いながらパンツを脱がしだすとさすがに強く抵抗してきました。涼子のパンツの横にナイフを当て、スパット切った。」俺「なほこ~っ」なほこ「だめっ、あーっ」もう余裕なんか消し飛んでいた俺は、そのままなほこのパンティも剥ぎ取って、むっちりした太ももを抱え上げて、お○んこに顔をうずめました。しばらく無言で抱きしめていました。彼は私のそんな気持ちを知ってかパンツを一気に下げ脱がし自分の膝の上に乗せ後ろから手を回し片手でクリをもう片手でおまんこを触りました。何を言うか!!と思うも、嫉妬してました何て言えず「別になんでもないよ!!」としか言えない。