ヤレる 出会い系 2ちゃん

急に奥さん母娘とうちとで、晩ご飯に中華を食べに行くことになった。2年後、突然、私に九州への転勤辞令が下った。「あっ…気持ちいい…もっと…」私はつま先に力が入ってしまって、投げ出していた足がピンって伸びちゃう。素直ないい子ゲット!!でも俺君が嫌なら私は諦めるし、無理に付き合ってとは言わない理解はできますが、針とか血が出たりするのとうんちとかのスカトロ系は辞めてくださいとお願いした。」と適当に答えました。「お、お願い・・・見られちゃうのは・・・ちょっと・・・」アキが言ってきた。」と強がる俺に「じゃ、触らないで起たせてあげる」と言い始め、俺をベッドに残して、一度居間に消えた鈴木さん。そこでシャワーを流しながらヘアーの観察。一度電話を切り、会社に「風邪引き休暇(うそ休み)」の連絡をして、彼女と駅で合流した。香織に悪いと思いながら・・・。「大丈夫だから口に入れなさい。自分の妻が・・他人のチンポコを口で奉仕してる・・・・ここで一旦、僕はDVDを止めました。俺はその2枚が見てないDVDだと勝手に勘違いしてたのですが聖子から話を聞いてるとどうも俺が見つけたDVDと新しいDVDの2枚が目の前にある様子あと一枚はどうした?と聞くと「なくした」と小さな声で言う。今から思えば当たり前で、ただ咥えているだけなんだから。「お、おい!それはマズイって!」「興奮してないですってぇ・・・?コレで?」そういいながら、ズボンの上から強く上下にさすってきた。今回のボクのように、もしかしたら、姉にもボクのオナニーを見られたことがあったかもしれない。「えっ・・・な、何で動きとめちゃうの?」「いきたいなら、僕の目見て言ったらイカセテあげるよ」「そ、そんな事・・・無理に決まってるでしょ!」といつもの高飛車な彼女だったけど今日は引き下がらない「じゃあーこれで終わりにしよ、僕もう学校行かないといけないから」「・・・ま、待って言うから・・・今日だけしか言わないからね!」「うん」彼女は髪を後ろに掻き分けて僕の目を見てくる「い、イキたい・・・」「誰の何でいきたいの?」「なっ・・・仁くんの・・・オチンチンで・・・いきたい」「希さん・・・エロいね」萎えかけてたアソコで彼女の中を掻き回す様に突いてやった「あぁ・・・いい・・・もっとして・・・あっ・・んんっ・・・ハァ・・・ダメッ・・・イクッ」「僕も・・・いきそう・・中だすよ?」「う、うん・・・いいよ・・な、中にだして・・・」フタリで腰を動かしあい彼女が先に限界に達する「あっ・・・イッちゃうっ・・ああっ・・・いっあぁああ・・・っくあぁあ・・・」「くっ・・・ううっ」彼女がイクのと同時に中にだし彼女は僕に倒れこむように抱きついてくる「ふ・・・あっ・・・ハァ・・ハァ・・いっぱいでたね・・・溢れちゃってるよ?」「ご、ごめんね・・・つい気持ちよすぎて・・・」「ううん、嬉しかったよ」と希さんは起き上がり僕のを抜いて口で綺麗にしてくれ、自分のアソコにティッシュを押しつけ拭き取っていく。