パーティー セックス

クリを舐めだすと喘ぎ声が連続になった。里香「…アンッ…何…何…コレッ…気持ちいいっ…良いよぉぉ…」後輩「ローターって奴です気持ち良いでしょ?こんな事彼氏さんにして貰って無いでしょ?里香さん今まで本当に逝かして貰った事無いんでしょ?」里香「…あんっ…あはぁ…うはぁ…無いよう~こんな気持ちいい事…彼氏にして貰った事無いよ~」後輩「今日は僕が恋人だから…里香さんを何回でも逝かせて狂わせて上げますよ」里香「…イグッ…イグッ…逝くのぉ~」と里香は後輩君にローターで何回も散々に逝かされてしまいました。すると乳房の真横より少し付け根辺りに小指があった。しばらくして奥まで入れられ、「ウェディングドレスが汚れるから」って私を上にしてHをさせられました。そのまま連れカノは俺の上に。それから数分後、保健室のドアが開いた。ふわっ、とキスされました。一緒に浴びようか?いゃょ、恥ずかしいから貴方が先にシャワーして。で、炬燵記念とか言ってAを呼び出して、流れ的に貴子にも声掛けたわけだ。妻ではない!S香だ!S香はタオルケットに頭まですっぽり隠れた。それは私の身体を触る手が何か彼の手と違うような気がして数回彼の名前を呼んだのです。」「あっ…はいっ」「見てるだけなの?触りなさいよ」と、古瀬サンはまるで俺をイジメるように言い、俺の横にきた。。また、汗をかきつつ端を引っ張り直す姿もいとをかし。ボタンを全て外すと、マウントポジションから両手で彼女の胸を揉んだ。先生の家は全然散らかっていなくて、お茶入れてもらって雑談した。そんなある日、S君が「XXXの資料ってどこにあるの?」って訊いてきたんです。旦那は、いわゆるマザコンで、生活の拠点を実家から離すのがいやだという。一週間前、私はこの家庭教師の先生に強引に抱かれました。だんだんスピードを上げていくと夢芽ちゃんも声が大きくなり「ヤバい、逝く」と喘ぎが激しくなり,俺も5分と経たずに逝ってしまった。