ツーショット mgi スレ

すると「ちょっとぉー!ダメ~いや~ん♪」と嫌がっている割には嬉しそうな顔をしていた。でも、スカートの中に手を伸ばすのはさすがにいけない気がして、スカートの上から彼女の股間をいじった。これ、僕の好きな焦らしのひとつ。財布をベッドの下に忘れたみたいで・・・」気まずそうなふりをしてベッドの下を探す。最初はとりとめのない話で盛り上がっていたが、そのうち、エロトークになっていった。でもただ激しいだけのフェラだとだんだん感覚が慣れてきちゃって。りつこと言います。しかし現実には身体中が羞恥と官能で熱くなり、愛する夫がいるすぐ隣で、夫以外の男の指でいたずらされていると思うとより感じて、喘ぎ声が漏れ出そうになってきます。できるだけ丁寧に根元から先まで舐めあげたり、袋や袋の後ろに刺激して、なんとか硬くなってきた。若菜の乳首は両方ともビンビンに硬くなって、筆で触ると、小指の先位の乳首が、根元から折れ曲がるので、すぐに分かる。社内ナンバーワンと言われていた同期入社の雅美が結婚したのは1年前、ショックをうけたのは私一人ではなかったと思う。S(さをり)がキーボードとコーラス。下心もあったけど、あまりにも奥さんが真剣に言うので、結局は何度か飲みに行きました。「ハァーン、フーゥン」字だと表せないが、呼吸のついでに声がでる感じ?「ハァーハァーハァーン」とまきちゃんはそれ以外の言葉が出なくなる。明るいなかで両脚をガバッと開かされ、ゴムを着けた元カレシが半ばまで入ってくる。りえは毎回とても気持ち良さそうに挿入されていました。しかし、その夜のできごとをメールする機会があり、(多分お互いに)気まずさも解消し、結局、後日もう1度交わった。軽蔑したかなでもC男(俺)だって参加したかったんでしょ、と言われたが、俺は彼女との生活が幸せだから、とのろけて呆れられた。真弥ちゃんも指を動かす度にさらに声をあげていた。ヒロシはカメラに近付くと、「最近、4組のアイコとよく喋るようになったから、取り敢えずヤッちゃおうと思います!」と簡単な実況を入れてきた。