シングルママセフレ

「んっ、んっ、ふぅ~」と彼女は甘いため息。せっかくだから今日はフリーなので東京見物でもしようかと思ってます!」俺「あ、そうなんだ。ユミ,最高だったぞ」と勝手なことを言いました。もうこれ以上は我慢できず私はバックから思い切り突きまくり、彼女と一緒に倒れこむように果てた。妻には出張でその日は帰らないことを告げていました。出さいでか!ドビュ~!ビュウ!ビュビュウ!ドックン!ドックン!ドックン!ドックン!一気に俺の尿道から熱い迸りが、かみさんの子宮へと注ぎ込まれる。誰かが来ても、律子が「時間稼ぎ」をしている間に、俺がベランダやトイレ(ユニットバス)に隠れればいいのである。。彼女は今から処女を喪失するんだ。おいw「ここでなく…先輩のおうち…おうち…」悪いけど肩にゲロ吐かれて、それどころ違う説き伏せて鍵開けさせて中はいる。外じゃ言えないような話だから。私も椅子に座り、チンチンをにぎりアソコへ導きました。レジでは指が食い込む様に、なおかつ指で乳首を挟むように乳に手を当てつつ、彼女に俺の腰からサイフ出してもらって会員カードと金も出してもらう。K恵も処女喪失以来の痛さと言ってました。」「おお…あ…。(俺の尻フェチは、かわいすぎた里美のせいで一生モノです)穴があった。もちダメモトで、返ってこなかったらカメラ弁償。というか、楽しんでいるように感じてきたので・・・。部屋が真っ暗だったので、ドレくらい近づいているのか正確にわからない。「あー!もういっちゃう・・イクよ・・うぅ!」あえぎながら、口の中にフィニッシュ。入れ替わりで俺もシャワー浴びて着替えた。何とか気付かれないようにパンツを引っ張ると、気のせいか「恵子が腰を浮かせた?」気がして、スルッとパンツが取れた!僕は少し考えてしまった・・・さすがに寝ているとはいえ、ここまで触られて起きないものか?ひょっとして恵子はエロい夢見て気持ち良くなったんじゃ無くて、かなり前から起きてたのか?彼氏の先輩だから気使って、何も言えないままここまで来ちゃったのか?今の状況では何とも言えないが、起きている方が有力なのは間違い無かった。