カカオトークの退会したんだけど

ひろみ:「だっ、ダメよ!口には出さないで…」仁は少々ガッカリした表情を見せていました。でもママはすごく気持ち良さそうでした。私は妻の唇の隙間から舌を挿しこんで、淫らな妄想に墜ちていった妻の舌をねぶり回しながら、二本の指を淫裂の奥へと挿入しました。座り直して今度は座ったままキスをして、もうキャミの上から巨乳を揉み放題。でも次の瞬間、なぜだか頭の隅が冷えびえとして、彼女に残酷なことをしたい衝動が湧いてきて止められなかった。ヒザの辺りに手が触れた。「あの...私、Sさんの背中流します。(漫画の女はヨガリ狂っていたっけ・・・)私はゆっくりムスコを出し入れしながら後ろから抱きかかえるように覆いかぶさると彼女の弱点であろうクリトリスをも擦り始めた。俺は興奮したね。そんなえりさんのあそこを舐めながら、指を入れたり、クリを軽く噛んだり、舌を出し入れしたりしてると、えりさんがかなり声を出し始めた。「いや・・・いい・・・だめ・・・許して・・・いい!」もはや何を言ってるのかわからないI子。でも、構わず口に突っ込んで、最初は歯が当たりまくって痛かったけど、教え込んでいったらソコソコ出来るようにはなった。真面目で大人しい子ほどHなんだな、と実感しました。「痛いいやあああ」足をばたつかせて抵抗しようとすると、もう一人が足をももから持ち上げて、スパッツをずりさげてきました。「う、うん。なんとなく電話したりするのが面倒だったのといきなりバイトの後部屋に行ったらびっくりするかなという期待で、彼女には内緒にしていた。朝の7時頃にはまた電話があるらしいけど、それまでは大丈夫らしいです。これは自分でパンツを捲って、パンツの横から入れ易いようにしろ!と言う意味です。でも正直、少しこのプレイを楽しんでる、もう一人の自分もいた。私を膝の上に乗せると、ルカはゆっくりと私の服を脱がせ始めました。断るかと思ったけど、快くかつ恥ずかしそうにしゃぶってくれたけど、フェラはイマイチだった…(オキニの風俗嬢と比べたら)湯船を作る間風俗みたいに会話しながら、ボディーソープで体(後にまんこ中心)を洗ってあげた。