エロ熟女サークル

短パンデブ女がおれに尋ねてきた・・・。「それで?」「したって言った。私は彼の腰に腕を回し、お尻を掴んでいました。スーツの上からどうしていいかわからずに戸惑っているようだったので私は思わずスーツの中のシャツの上にまで手を持っていった。「それじゃ中へ入ろう」「はい」私は彼の後に着いてゲートへ行くと「これチケット」、「あら買っていたの?」「うん予約していたんだ」「パスポートチケットって高いでしょ」「少しね」「ここへは何度も来ているの?」「まだ3回ぐらいだよ」「そうなの?私は、初めてよ」「じゃ案内してあげる」「頼むわね」などとたわいもない会話を交わしました。結局、地元にいた二ヶ月で最初は週3くらいから最後はほぼ毎日、やりまくった。Tさんの手が下着にのびてきました。僕はてっきり自分が昔処分し忘れてたエロDVDなのかもと思ってしまい、とりあえず車から社用のノートPCを持ってきて再生する事にしました。その後、3ヶ月程、毎週土曜日の12時から18時までの6時間ラブホで彼のなすがままに・・・・・毎回、ラブホに入るなり、彼は自分で買って来た下着や洋服を私に着せます。この腕に抱かれたら…。するとBが擦り寄って来て私の足を抑えひろげでクリトリスを舐め始めました。気になります。真美は中に出された精子をその場で外に出そうしなかったので、こころなしかオナカ(アソコ)に入った後輩の精液を大事にしているように見えた・・・。どうすればいいんだろう。何故だか喉に渇きを覚えて「ゴクリ‥」と唾を飲み込んだのを記憶しています‥。彼女は全然アピールしていないと思うが、おっぱいがムッチムチに飛び出していて、巨乳の部類に入るタイプだった。断続的な麻痺をしている彼女に、正常位で硬くなったモノを差込んでいきます。わたし生理二日目だったし、あっちホテル行くお金ないって言うしできないなーと思ってた。びっくりしていると「顔を赤くしてかわいい…ベロ出してごらん」僕が控えめに舌を出すと香織さんが強引に僕の舌を舐め回し吸い付いてきました。