エロカカオ ツイッター

私は当時某私立高校に通う二年生でした。そのまま風呂に二人で入る。直緒とるり子ちゃんは中学時代からの仲の良い友達です。ちょっとピリピリした痛みがあったので、「ゆっくりやって!!」とお願いしました。S子21才で小ぶりのBカップ。あぁぁ。これほどまでに出した時、脳が空っぽになった事は過去に一度も無く、終わった後も彼女に抱きついたまま暫く呆けていた。5分もすればまたオナホ持ち上げるほど復活した。いきなり初デートで行くところじゃない。私を四つん這いにすると、バイブを入れたままクリを舐め、また私だけ絶頂を向かえました。え、とね。足腰がたたないようになるまでせめつづけました。S:誰かきたらやばいですよ。」と言ってくれました。そして、またイッた。愛撫を止めて全部脱がせました。それも三角ブラみたいな露出度の多いのじゃないとダメってゆうの。A子さんは顔を必死に背けるが、ボブの大きな手であごを捕まれ、バシャバシャ撮られている。機は熟したと思った俺は、若妻を食うことにした普段どおり、2人で飲みをセッティングした。ね、さ、早く。触らせてくれ。最後は、課長がフェラをさせ、バックから僕が入れました。怖いんです。「んぁっ・・ちょっ・・・だめっ・・・」そんなような事を口走っていましたが、突き上げるたびに喘ぎ声を洩らしていました。昨日ほとんど寝れなかったっす。そこは薄暗いところでした。信号待ちで停車した時に横断歩道をカップルが歩いてきたの。「先生ぇ~!!」「たつのりぃ~!!」・・・その日、僕は初めて射精を体験し、そのすべてを長瀬先生の子宮内へと出しました。そうしてるとこっちに気付いた三人が全裸でこっちの部屋に。そしてそこに仰向けに寝転がるとオレは「梓も気持ち良くしてやるよ♪」そう言って69の体勢にさせた。乳首をこれでもかというぐらい強く吸い、噛む。激しくバックから突かれるのが好きな妻らしいリクエストでしたが、私にとっては耳の痛いところでした。