アメーバピグでSEX

せっかくとっても親切にしていただいたのに残念です。どう、収拾したら良いのか、見当さえもつきません。その時、初めてちゃんと見たのだが、毛が見事なまでに無く…と言うか生えてない様に見えたので、「奈菜…毛はどうした?」と聞くと「え?ああ…処理してるんだよ…今日の為に…って、今の為じゃないよっ!泳ぐためだよっ!」と俺が勘違いでもするかと思い慌てて訂正した。「ギブアップなしでパンツまで脱ぐことにしよう」と言うと女子は4人とも軽くOKしてゲームが始まった。」俺らはその輪に加わり、飲み始めた。そこで「ブレーキレバーの予備持ってる?」って聞くと「持ってません。またキス。俺は裕美のお汁で口の周りはべちゃべちゃで、裕美も俺のザーメンが口の周りに付いていて、思わず二人で笑ってしまいました。期待で私のあそこはヌルヌルなのが自分でもわかります。泡だらけの手でも、ヌルヌルしているが分かった。発情したらリクエストもエスカレートするだろうな。こんな明るい部屋の中で、いくら大きな声で呼んでも、強く揺すっても起きず完全に熟睡してる姉、そしてその姉の服を脱がしている自分がいる。玄関で俺はスーツを脱ぎ捨てて上半身裸になっていた。同期入社で接する機会は多かったが、顔も仕事も普通以下の俺にとっては高嶺の華だった。「ハハハ、立ってる立ってる~」とか言われて、パンツの上から2,3回シゴかれた。最初、彼女は嫌がったのですが、僕がどうしてもと頼んだので、しぶしぶ参加を承諾してくれました(先輩達のガラの悪さは伏せておきましたが)。が、この瞬間、俺の何かが弾けました。この彼女の声が、可愛い。誰か恭子を抱いて下さい。部長の手が,スカートの中に入ってきて,指をショーツの上からアソコに押しつけました。よしえは、40代の既婚者です。どうしていいかわからない俺をよそに、Yは俺の息子を再び咥えてお掃除。彼女は「それだけで済まなくなっちゃうよ~」ギャル子「いや~んこわ~い」え?本気?と思いながら電気をパチッと消すと真ん中に寝てる俺の右手を彼女が「ハイ!こっちの手ね!」とギャル子の方に。